浮気調査で自分のご主人や奥さ

浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が発見された時、離婚するかしないか選択に困りますよね。
それを避けるために、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、よく考えておくことが賢明です。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査は成功したということになってしまいます。

実際には浮気していたとしても、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、浮気の証拠がつかめないまま、調査についてはそこで完了し、成功報酬として料金を支払うのです。例え、配偶者が浮気している場合でも結婚生活を解消したくないのなら密会の場面に行こうとするのはするべきではありません。

浮気していることを指摘された結果、パートナーの感情を逆なでしてしまい、離婚を避けられない事態に陥ることもあります。また、浮気相手と接触してしまうと、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。

飲食店を利用した際の領収証には定食の数から一緒にいた人の数が記載されている可能性があるので、浮気と特定する材料となります。あわせて、クレジットカードの支払い項目は月々チェックするようにします。出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、浮気相手と宿泊したと判断される事があります。

本人が知らないうちに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。

浮気の現場をカメラにおさめても、顔が見分けられないような露出不足だと残念ながら証拠とは言えません。

浮気調査を探偵に依頼した場合は、薄型のカメラなども用いて相手が知らない間にはっきり判別できる写真を撮ります。
時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵が尾行を行う時間が長いよりも短い方が、費用が少なくなります。

ですので、尾行を探偵にお願いするなら、日頃からパートナーの生活のパターンを調べておくことが重要です。

その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットがあります。
離婚も辞さないつもりで、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。
けれども1人で踏み込むと、揉める元なので、止めておきましょう。
信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に依頼すると良いです。レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をおさえる事もできるはずです。まず、普段は利用しないようなコンビニの領収書をほぼ毎回目にすることが多くなったら、その周辺に習慣的に何回も行っている事になります。そこで見続けていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、家庭内で別居している状態であったり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。

慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数など総合的に判断して裁判所に委ねることとなります。探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。

当たり前のことですが、調査員の数が少なければ安く、増えれば増えるほど高くなります。また、尾行のために車とかバイクで行う場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認が大切です。浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は冷静でいることが難しくなってしまうかも知れません。
自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が過去にも多いのです。

平穏に解決するためにも、何よりも、証拠を入手するために、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠が掴めます。

理由は携帯が浮気相手に連絡する手段としてごく自然に使われるからです。最近はメール、LINEで連絡をことも多くなったとはいえ、浮気相手の「声」を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。ふとした時に電話している可能性は十分ありえるのです。

探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠が掴めます。

相手の様子が浮気を想わせた場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。

しかしながら浮気の証拠を自力で集めようとしたら、相手に感づかれてしまう可能性はあるでしょう。なぜでしょう。答えは簡単で、顔がばれてしまっているからです。

もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査代金はその分安くなるのです。

ですが、いつ浮気をしているかわかっていたとしても、友人を説得して写真を撮ってくれることになっても、骨折り損になることは確実です。
気づかれずに写真撮影を行うにはプロに任せるのが一番でしょう。
浮気の確証を手に入れるには最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。

しかし、探偵に依頼するのは調査料金も安くはないですから、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。

探偵への浮気調査の依頼は、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所が変われば金額は異なりますので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。同一電話番号から電話を頻回に電話を受けていたりまた電話をかけ直していたりするとその電話の相手が浮気相手という確率はある程度間違いないと思われます。その後、その電話番号の持ち主を見つけ出せばいいのです。
そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手と電話をしたあとに着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。
不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまでになることもあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。
また、不倫の相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要になります。

どの人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵に頼む時、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間をあらかじめ打ち合わせをしておきます。

時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、浮気調査をした時間が長ければ長いほど調査料金が高くなります。

興信所などによって、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。

運転する人の目につかないところにGPS端末を装着して、常時、移動の内容を監視し続け、現在地を確認したり記録したデータを後から取り出して分析することもできます。

普段、運転しないような人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。こうすることによって、パートナーの行き先や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

探偵に浮気の調査を要請して、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。信頼のできなくなったパートナーと一生を共にするのはそのストレスはかなりのものになりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を求めれば、間違いなく別れさせられるはずです。http://www.1981records.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする